【実践】バーミキュラのフライパンでナポリタンを作ってみた【レビュー】

余分な水分を瞬間蒸発させて旨みを凝縮させるという『バーミキュラのフライパン』。

「鋳鉄+ホーロー」がテフロン加工のフライパンに慣れていると難しいと言われています。

そこで、今回はバーミキュラのフライパンで、ごく普通のナポリタンを作り『本当に美味いのか』試してみます。

バーミキュラのフライパンについては↓こちら

目次

ナポリタンを作ってみる

作るのは普通のナポリタンです。

食材は玉ねぎ・にんじん・ピーマン・えのき・シャウエッセン。

味付けは塩胡椒とケチャップ(デルモンテ)のみ。

野菜を炒める

バーミキュラフライパンの基本的な使い方
  1. フライパンに『白い煙』が出るまでしっかりと加熱する。
  2. 油を入れて馴染ませる。
  3. 火を消して『白い煙』が完全に消えるまで待ちます。
  4. 消えたら食材を投入。

野菜を投入します。

少ししたら火をつけて中火を維持します。

おおー野菜から出る水分が蒸発してフライパン表面には全然ありません。

殆ど水分が蒸発してしまっている?

パスタを投入してケチャップをかける

ケチャップを入れた際に焦げ付かないか心配でした。

途中、パスタの茹で汁をコップ3分の1くらい入れます。

全く焦げ付かず、野菜の時と同様に余分な水分がありません。
(蒸発した?)

ナポリタン完成

完成しました!

バーミキュラのフライパンで作ったという以外は普通のナポリタンですが。

見るからにケチャップがパスタに絡まってます。

バーミキュラのフライパンで作ったナポリタンの味は

本当に普通のナポリタンなのですが、過去最高に美味いです。

簡単に言うと『濃厚』+『旨味』が格段に増していて、テフロン加工のフライパンや鉄のフライパンで作った時と明らかに違います。

目玉焼きの時もそうでしたが、バーミキュラのフライパンだと『旨味が凝縮される』のがわかります。

特に今回のナポリタンは目玉焼きよりも違いがわかりやすいと思います。

最初は私もバーミキュラのフライパンの効果について眉唾物だと思っていたのですが、明らかに変わります。

是非お試しください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる