広島県で愛される『メロンパン』は独特の形と味だった。

日本国民にとって「メロンパン」といえば誰もが知る国民的な菓子パンの一つではないでしょうか?

メロンパンの形に関しては私の住む東日本では「円形」が殆ど。
反対に西日本では紡錘形(ラグビーボールのような形)のメロンパンがあるようです。
(その形からサンライズと呼ばれることも)

先日、デパートの食品売り場に広島県呉市の有名な「メロンパン」が売っており、形がその「紡錘形」で新鮮だったので買ってみました。

調べてみたら、広島では有名なメロンパンでした。

今回は、その広島県呉市で売っている「メロンパン」をご紹介します。

目次

関東には珍しい紡錘形のメロンパン

メロンパンのパッケージ。「高級パン」と記載されている。
パッケージ裏。

関東人には珍しい紡錘形のメロンパンです。

ずっしりとした重さ

メロンパンの中身は

中にはぎっしりと餡(カスタードクリーム)が入っている
表面のビスケット生地・パン生地・餡の綺麗な構成

メロンパンの味

周りのビスケット生地とパン生地は凄く「しっとり」とした感触です。

そして餡は甘さ控えめなカスタードクリーム。

どっしりとした重みのあるメロンパンなので、1個は少々キツい・・・
半分で丁度いい感じ。
(重い割にはカロリーは261kcal)

味は例えると『しっとりした甘食』。

作っているのは(有)メロンパン

出典:https://kuremelon.com/

広島県呉市にて戦前から親しまれているメロンパン。

作っているのは(有)メロンパン。
そのまんまですw

出典:https://kuremelon.com/

同じところから撮った写真でしょうか。

見るからに戦前の風景。こんな昔から「メロンパン」を作り続けているそうです。

埼玉のデパートにも売っているくらいなので、人気商品なのでしょう。

公式HPを拝見したら、お取り寄せも出来るそうです。
興味を持たれましたら是非試食してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらまで。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる