【ファッション性重視】バイクに乗る上で欠かせないオススメ装備

バイクに乗る上で必要な装備はゴツくてなんか格好悪くて嫌だなぁ

バイクから降りても街で浮かないオススメのバイク装備を紹介します。
安全性も損なっていないのがポイント!

一般的にバイク用の装備、特にバイクウェアは安全性が第一のため、北斗の拳バリにごつい服装が多いですよね。

バイクに乗っている間は仮に吉としても、バイクから降りたら完全に街で浮く、そのスタイルが僕は好きではないのでカジュアルチックな装備を選んできました。

ただバイクの特性上危険が伴うので、安全性も考慮しての選定となっておりますので安心してお使いできると思います。

バイクに乗りたい!でも服装がなんかゴツいくて嫌だなぁ・・・
なんて人にオススメです。

目次

バイク用オススメのジャケットについて

バイク用ジャケット

バイク用だからといって世紀末な服装(肩にトゲがついてそうな服装)はゴツくて好きじゃない僕は少しでもカジュアルなジャケットを選ぶように心がけています。

普通の服なんかだと風をモロにうけるバイクだとバタついて危ないですので、バイク用のジャケットを選びましょう。

半袖やプロテクター無しは危険なので、最低限のプロテクター入り。だけどゴツくない。

そんなバイクジャケットをご紹介します。

選ぶポイント
  • 風を受けてもバタつかないバイク専用ジャケット
  • バイクを降りても街で浮かない出来るだけカジュアルな見た目
  • 万が一転んでも大事な箇所(肘・肩・背中・胸)を守れるプロテクター入り

コミネはバイク用品の専門会社として有名ですね。

本格的なウェアからカジュアルなウェアまで幅広く取り扱っています。

こちらのジャケットは肘・肩・脊髄・胸にプロテクターがついていますが、ぱっと見普通のジャケットな所が気に入りました。

夏用のメッシュタイプなので走れば凄く快適!

プロテクターは取り外しも出来るので、不要な箇所は取って着用も可能。

同じシリーズで秋・冬モデルもあります。

冬は暗くなるのが早いので反射板が付いてるのが流石バイク専用ですね。

バイク用オススメのグローブについて

バイク用オススメのグローブ

バイク用のグローブを着けていない人をよく見ますが、最低限グローブだけはしましょう!

人は無意識に転ぶと手をついて受け身を取ろうとします。
しかし、スピード出した時のアスファルトはカンナみたいなものなので、滑った時に手の平がズタボロになりますので・・・

バイク用のグローブは転んだ際の防御はもちろん、ハンドルを握ることを想定した作りで運転がしやすくなるメリットもあります。

選ぶポイント
  • あんまり見た目がゴツくないグローブ
  • バイク専用の作りがしっかりしたグローブ

JRP(ジェーアールピー)は香川県の会社で、バイクのグローブ専門の会社です。

その作りには多くのバイク乗りから定評があり、僕も大学生の頃からずっと愛用してます。

革が良くてエイジングも楽しめるカッコ良くも本格的なバイクグローブです。

FIVE(ファイブ)もJRPと同じくグローブしか作らない会社です。

JRPよりかは幾分ゴツくはなりますが、その分プロテクター性能が上がり、スピードが出やすいバイクに乗る方にはオススメです。

バイク用オススメの靴

バイク用のオススメの靴

バイク用の靴は色々ありますが、僕はスニーカータイプを愛用しています。

その理由は革だと雨に濡れてダメになってしまうからというケチな理由です。笑

この辺は好みでもいいと思います。

普通のスニーカーで運転している人が多いですが、バイク用に靴はメリットがたくさんあります。

バイク用の靴のメリット
  • 滑りにくい
  • 簡単に脱げない
  • 「くるぶし」を保護している
  • シフト操作が格段にしやすくなる

1番のポイントは「くるぶし」保護ですね。

くるぶしはバイクで転んで滑走すると直ぐに削れてしまう部位にも関わらず、2度と再生しない部位でもあります。

普通のクルブシが見えているスニーカーで運転は絶対に避けましょう。

コンバースオールスターのような感じでどんな服装にも合うデザインで、最低限のプロテクション機能はついています。

僕の1番のオススメはイタリアのバイク用品ブランド「ダイネーゼ」のバイク用スニーカーです。

防水フィルム使用で雨が降っても安心で、見た目も作りも優れた逸品です。

ただ、価格が高いので、時間があればmotoinとかで個人輸入した方が安いです。
僕もそうしました。
(現在は新型コロナウィルスの影響でヨーロッパがロックダウンしており個人輸入は難しいですね。)

バイク用オススメのヘルメット

バイク用オススメのヘルメット

ヘルメットに関しては、乗っているバイクの種類によってオススメのスタイルが変わってきますが、僕はスポーツ系が多いということもあって「フルフェイス」タイプをずっと愛用しています。

よくヘルメットは頭の値段と言われますが、安いお椀みたいなヘルメット、俗にいう半ヘルはオススメしません。

万が一バイクで転んだ際に打ち付ける箇所は頭と顎です。

フルフェイスならチンガードがついているので多少安心ですけど、半ヘルは無防備で大変危険ですよね。

ARAIかSHOEIか分かれる所ですが、一般的にARAIは小さめ、SHOEIは大きめで、頭のデカイ僕はSHOEI一択です。笑

SHOEIは通販禁止で売ってても馬鹿高いです。
二輪館やNAPSなどの実店舗で購入しましょう!

おすすめは内部バイザーがついているGT-AIR

GT-Air II CROSSBAR 
メーカー希望小売価格:59,000 円 (税抜)

そしてオフ車からハーレーなどのアメリカンスタイルにも合う「EX-ZERO」がオススメです。

EX-ZERO
メーカー希望小売価格:38,000 円 (税抜)
選ぶポイント
  • 半ヘルはオススメしない
  • フルフェイスタイプがオススメ
  • メーカーはARAIかSHOEIを選んでおけば間違いなし
  • ヘルメットは頭の値段なので良いのを選びましょう

適切な装備でバイクを楽しみましょう

適切な装備でバイクを楽しむ

バイクは危険な要素がありますが、車では味わえない楽しさがあります。

それは適切な装備をまとうことで、より安全に楽しめます。

より良いバイクライフの手助けに慣れれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる