ランクル200に2年乗ってわかった事は維持費がバカ高いということ。

ランクルに乗りたいけど、維持費が未知数で怖いなぁ。
年間いくら位かかるんだろう?

ランドクルーザー200ZXに2年以上乗っている私が疑問にお答えします!

私のランドクルーザー200後期ZX(以下、ランクル)は2019年11月に納車されました。

結論から言うと『ランクルの維持費はバカ高い』です。

維持費を構成する4項目
  • 自動車税
  • 任意保険料
  • ガソリン代
  • メンテナンス費

KING OF SUVと呼ばれるランドクルーザーは車体価格はもちろんですが、維持費を知らないと買った後が大変です。

購入した後に維持費が予想以上に高すぎて手放す・・・なんてことがない為にも維持費は知っておいて損ではないです。

本記事を読んで頂ければ、ランドクルーザー200の維持費を把握できますので、購入を検討している方の役に立つかと思います。

ランクル200の購入に関してはこちら↓

目次

ランクル200の年間維持費は46万円!

2年間で15,703km

私が実際に2年間ランドクルーザーに乗った上での年間維持費は46万円でした。

月間維持費は38,000円ほど。

さ・・さすが、ランクルです。
改めて金額を見ると恐ろしい・・・

↓はランクル200の年間維持費内訳です。

項目年間維持費
自動車税88,000円
任意保険料168,000円
ガソリン代204,100円
メンテナンス費0円
合計460,100円

それでは、各項目を解説していきます。

自動車税の内訳

ランドクルーザー200は排気量が『4.5L超〜6.0L以下』なので88,000円です。

「1ナンバー登録」で維持費を抑えるやり方もありますが、私は普通に「3ナンバー」です。

1ナンバー登録(貨物車登録)は税金は抑えられますが、毎年車検が必要な事などのデメリットもあります。

任意保険料168,000円の内訳

以下の条件では年間の任意保険料は168,000円(月14,000円)でした。

任意保険の条件
  • 20等級
  • 30歳以上を補償
  • 運転は夫婦限定
  • 免許証の色はブルー
  • 車両保険に加入

車両保険が高いんですよね。
でも盗難率トップクラスだから入ってます。

カーセキュリティも入れてますが、車両保険は最後の砦ですから・・・

盗難にについて詳しく知りたい方は↓を読んでみてください。

ガソリン代204,100円の内訳

2年間の走行距離は「15,703km」。

1年間だと「7,851km」。

私のランクルは下道がメインなので燃費が平均5km/Lなので年間1,570Lのハイオクガソリンを消費しました。

ハイオクが1L=130円で計算して、204,100円也。

ちなみに私は昭和シェルのスターレックスカードを使ってます。
1L=8円割引とアプリ利用で1L=2円割引。
合計1L=10円割引と最強です。

メンテナンス費は発生せず

幸いなことに故障もなく、何も費用はかかっていません

ただ、新車購入時に「ウェルカムサポート」というサービスを付けております。

ウェルカムサポートとは

新車購入から最初の車検までの間のメンテナンスパッケージです。

1ヶ月点検、それ以降の半年点検・オイル交換等の費用が含まれています。

ちなみにランドクルーザーは96,400円。(2019年11月当時)

今後かかる費用として

今後は車検が控えていますので、重量税やら自賠責保険やら色々と掛かってきます。

さらに走行距離が伸びればタイヤも変える必要が出てきます。

また、人によっては駐車場代が加算されますのでご注意ください。

ランクルの維持費の高さは「燃費の悪さ」と「保険料の高さ」が大きいですね。

賢く車を買い換えるには

そろそろ車の買い換えを検討されている方は、試乗や見積もりなどでディーラーに行く前、または行った後でも、必ずしないと損をすることがあります。

それは『ネットで愛車の査定額を調べること』です。

これは絶対に行うべきことで、例えるなら裸でジャングルに探検に行くようなものです。

何故かというと・・・

ディーラー営業マンの常套句「今契約しないと納車が遅れますよ!」とか「今日判子押してくれるなら、この条件で!」なんてプレッシャーをかけられて、愛車の下取り価格の吟味をする前についつい判子を押してしまうことがザラにあるからです。(経験ありませんか?)

そこでディーラーの下取り交渉で良い条件を出すためには、『予めネットなどで愛車の査定額(買取見積もり)を取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使う』です。

買取店ででた査定金額を持ってディーラーに行くと、『値引き+下取り』で価格交渉ができますので、何もない状態で行くよりも良い条件を引き出すことが絶対にできます。

実際に私もネットでの愛車査定&知り合いの車屋のオーナーからオークション相場を調査した上でランクルを買いました。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いなんてことは良くあります。そういう時にはディーラーで粘らないで、買取店に売却してしまえばOKですので。

買取店で査定を行う時には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、その金額以上で買い取ってくれることが多いです。

ちなみに、いつも私が行っている「相場を知る方法」を伝授します。

自分の車の相場を知る方法
  1. 自分と同じ車の中古車価格から20万円引く
  2. 中古車オークションで相場を調べる

一番分かりやすいのは『自分と同じ車の中古車が大体いくらで売られているか』です。

中古車屋の利益は大体20万円程なので、売っていいる価格から20万円引けば、仕入れの価格になり、それが相場となります。
(ポルシェやフェラーリなどの高級車は違いますが)

もう一つの方法は中古車オークションでの価格。

中古車オークションはは全国の車屋が仕入れた車を売るところでもあり、買うところでもあります。

中古車屋はそのオークションで仕入れて20万円程の利益を乗せて売るわけです。

つまり、そのオークションでの価格=最低価格になります。
(その価格ならオークションで流せるから)

こちらのサイトで中古車オークションでの自分の車の相場が分かりますので、必ず事前に調べておきましょう。

本気で売却価格を上げる方法

実際に買取してもらう時にガチで売却価格を上げる方法があります。

それは「一括見積もりサイト」を利用した「競り」を業者間で行わせることです。

車査定

例えば、上記のような一括査定サイトにて申し込みを行います。
すると一斉に買取業者から電話がかかってきます。

電話は申し込みした瞬間に!すぐ!本当にかかってきます笑。
(朝の7時に申し込みしたらかかってきましたw)

でも愛車を高く売る為です。
頑張って対応しましょう。

買取店からの電話がきたときの対応方法

買取店から電話が来たら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます。

買取店は「他の店とは違う時間にして欲しい」なんて言ってくるかもしれませんが、「まだ他店の時間は決めていない」と言っておけばOK!

買取店とアポを取ったら

買取店の方々とのアポは取りました。

あとは来るのを待つだけ・・・?

実は査定前にしておいた方が良いことがあります。

それは『洗車』です。

「何ヶ月も洗車していないような汚い車」と「綺麗に手入れされた車」。
果たして、どちらが高く査定されるでしょうか?

車の査定は基本的に「減点方式」です。

マックスの価格から、「傷」や「塗装の状態」などをみて、減点していきます。

当然、綺麗な車の方が、普段から車を大事に扱っていると印象を与えるので、当然査定は高くなります。
(減点されません)

少しでも高く売るためには、『洗車』を必ずやりましょう。

↓は洗車方法に関する記事です。良かったら読んでみてください。

買取店が査定に来たら必ずすべきこと

いざ買取店が集まったら「最低価格〇〇万円から競りを行っていただきます。入札単位は5千円でお願いします。」とこんな感じで言います。

入札単位はある程度設けないとケチな買取店が百円単位とかで仕掛けてきて面倒です。
(経験談)

この時の最低価格は先述の方法で調べた自分の車の相場です。
あまり高く言い過ぎると競りにならない可能性もあるので、少し下くらいが丁度良いですね。

買取店の人は「その最低価格は何を基準にしました?」と聞いて来るかもしれません。

その時は「そのくらいで中古車が売っていたので」とか言えばOK。
(余計なことは言わないほうがいいです。相手はプロなので何かと言って値段を下げてきますから)

↓の動画は実際の競りを行っています。
本当にこんな感じでドキドキします。

実際に私は上記の「競り」を行い愛車(ポルシェケイマン)を売りました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる