ランクルとプラドの違いを実際に所有していたので比較してみました。

プラド150系後期(TZG)からランドクルーザー200後期(ZX)へ乗り継いだ私が、2台の違い(良いところ・悪いところ)をレビューします。

この記事がおすすめな人
  • プラド150系後期かランドクルーザー200後期かで迷っている人
  • プラドを持っていて、ランドクルーザー200に買い替えを検討している人。
この記事を書いている人
  • 私は実際にプラド150系後期とランドクルーザー200後期のオーナー。
  • 短期間の試乗ではなく、1年以上生活の足として使った上でのレビューになります。
比較する車種

プラド150系後期のTZG(直4ディーゼルターボ)とランドクルーザー200後期のZX(V8)で、共に最上級グレード。

目次

まずは外装についての比較

プラドリアビュー

まずは両車の外装比較からしてみたいと思います。

結論はランクル200の圧勝です。

全てにおいて上回っています。

細かいところを述べると↓こんな感じ

ランクルが勝る理由
  • ヘッドライトがハイビームもプロジェクターライト(プラドはバルブ)
  • リアゲートが2分割で上に開くので狭いところでも開閉可能。(プラドは横開き)
  • リアランプが横配置(リアゲートにも付いている)なので大きく視認性が高い。(プラドは縦配置で小さい)
  • 全ドアがスマートキー対応。(プラドは運転席・助手席・リアゲート)
どちらもイマイチな点
  • ウインカーがシーケンシャルではない。(小さい)
  • リアゲートの開閉が足払いでできない。(今や当たり前)
  • コーナーセンサーが前と後ろしかない。(横にも欲しい)

内装についての比較

リアシートエンターテイメントシステム
ランドクルーザー200のリアエンターテイメントシステム

内装においてもランクル200の圧勝。

価格帯が違うから仕方ないとはいえ、こうも明確に差別化を図っているんですね。

ランクルが勝る理由
  • 運転席・助手席のカップホルダーが手前側にある。(プラドは奥にあり使い辛い)
  • メーカーオプションでリアエンターテイメントシステムが選べる。(子供がいると重宝します)
  • ルーフライニングの色(ブラック)を選べる。(プラドはグレーのみです。)
  • メーターが6連(油温計・水温計・速度計・回転計・電圧・燃料計)(プラドは速度計・回転計・水温計・燃料計)
  • シートがナッパレザーでしっとり柔らか。
  • シートのヘッドレストが低反発素材。
  • 三列シートが跳ね上げ式。(プラドは床収納なので床高が上がってしまっている)
  • 2列目3列目のエアコン吹き出し口が多い。(ルーフにも付いている)
  • 窓の開閉が終わり際にゆっくり動く仕様。
  • ハンドルヒーターがある。
  • シートヒーター・送風にAUTO設定がある。(エアコンと連動)
  • 後部座席でエアコン設定ができる。(プラドは後部座席は切るか付けるかのみ)
どちらもイマイチな点
  • 基本的にチープな作り。
  • ムーンルーフが小さい。

プラド150系後期はランクルには勝てないのか

やはり兄貴分のランクルにはプラドは勝てないのでしょうか?

いえいえ、プラド150系後期にもランクルに勝るところはあります。

プラド150系後期が勝るポイント
  • ディーゼル設定がある。(燃費は12km/L程)(ランクルは5km/L)
  • ルームミラー上に室内用のミラーがあり後部座席の子供の様子がわかる。(ランクルはサングラス入れ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる