スーパーなどのビニール袋が有料化になったけどエコバッグは必要?

2020 7/25
スーパーなどのビニール袋が有料化になったけどエコバッグは必要?
のアイコン画像

コンビニなんかのビニール袋が有料化になったけど、エコバッグって必要なのかな?

2020年7月1日より全国のコンビニやスーパーのビニール袋が有料化となりました。

ビニール袋を有料化する事での環境への効果については賛否両論ありますが…
有料化となってしまったことで無駄な出費が増えてしまう事は事実です。

そんな不用意な出費を抑える為にも繰り返し使えるエコバッグの人気が今高まってます。

人気急上昇中のエコバッグですが、実際に使ってみると色々な問題が…

今回はそんなエコバッグ問題を解決する方法について書いてます。

目次

エコバッグは本当にエコなのか?

エコバッグは本当にエコ?

エコバッグの趣旨は買い物の際に毎回ビニール袋を使わないで繰り返し使えるマイバッグを使ってビニールの使用料を減らそうというもの。

だけど、エコバッグって本当にエコなのか?

一般家庭で1番気になるのはコスト面。

スーパーのビニールは大きいのでも5円。

エコバッグは大体1,000円〜2,000円。

この場合、エコバッグを200回〜400回繰り返し買い物に使えば「元を取れる」という考えに至ります。

ただ200回とかの回数を買い物袋として使うのって耐久性的にはどうなんでしょうか。

軽いものばかり買う人は別ですけど牛乳やらペットボトルを買えばそれなりに重くなってしまい破れてしまいそうです…

アメリカの大型スーパーなんかだと袋がそもそもありません。

車のトランクから家に商品を運んでます

コストコが分かりやすいですね。カートで買った商品を車にそのまま詰め込みます。

1番の問題はエコバッグの衛生面

エコバッグは衛生面が心配

普通に生活してたらスーパーで買い物した際には「野菜や魚などの生鮮食品」を買いますよね?

魚や肉はパックされてますけど、破れて漏れる心配もあるし、キャベツや大根なんかは基本むき出し。

例えばキャベツの切れっ端が袋の中に落ちて気付かずにいたら、すぐに雑菌だらけになります。

使い捨てのビニール袋の時は気にもしなかった、「繰り返し使う」ことで発生する衛生問題がでてくるんです。

エコバッグは洗える素材で作られてますけど、定期的に洗濯をしないといけませんね。

そもそも洗う時点でそれはもう、既にエコではないのかもしれません。

ちなみに使い捨てのビニール袋を何度も使用するのは生鮮食品以外のものを入れるなら良い発想だと思います。

エコバッグは予備として持つのがベスト

エコバッグは予備として

袋は使わないに越したことはありませんが、必要なときには有料でもビニール袋を使い捨てで使うことをおすすめします。

エコバッグはあくまで予備として使い、汚れたら捨てるくらいの覚悟をもってエコバッグは使いましょう。

衛生的、耐久性を考えると、折りたたみタイプのエコバッグで鞄に忍ばせておいてコンビニなんかで急に必要になった際に使う程度がベストだと思います。

ベッドボトル1本程度でビニール袋は使わない方がいいに決まってますけど、手に持てない量を買うような時に使う感じです。

急な雨に備える折りたたみ傘みたいな扱いですね。

折りたたみのエコバッグはどんなのがあるのか

こんな感じので十分かと思います。

究極のエコバッグを考える

究極のエコバッグとは

僕の考える究極のエコバッグはマイ買い物カゴ(マイカゴ)です。

大きいので当然、家から買い物に行く事が前提ですけど、マイカゴならプラスチックなので耐久性バッチリ、メッシュ構造だから衛生面も問題無いです。

問題としては、そのビジュアル。

店からパクってきた感じがするし、見た目も違和感がある。

何故ならマイノリティだから。

でも、マイカゴが普及して一般的になればビジュアルも気にならなくなるはず笑

Amazonで試しに検索してみたら売ってます笑。

先を見越して使ってみるのもありかもです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる