話題のデジタルノート『notesX』が届いたのでレビューしてみる

2021 5/21
話題のデジタルノート『notesX』が届いたのでレビューしてみる

クラウドファンディングサイトのMakuakeで偶然見つけた良さげなデジタルノート『notesX』。

ヤマト運輸から荷物が届いたと連絡があり、ポストをみたら2021年1月に申し込んでいた『notesX』が届いていました。

申し込んでから、早4ヶ月。
買ったことすら完全に忘れていました。

そんな『notesX』ですが折角届いたので、レビューしてみます。

一般の発売は2021年7月を予定しているようですので、購入検討している方のお役に立てれば嬉しいです。

目次

notesXってなに?

notesX(ノーツエックス)とはノートです。

ただし普通のノートではありません。

ページがマグネット式になっているので外したりくっ付けたりと自由に可変する拡張性と、書いたものが簡単に素早く消せて何度も使える経済的なノートです。

早速レビューしてみる

notesXのパッケージ

こんな感じでnotesXのパッケージは凄くシンプルです。

notesX 見開き

説明書が入ってた。

notesX説明書1
notesX説明書2

Helloなんて書いてあると、昔のApple製品みたいです。

notesX分割

こんな感じでカバーごと分割できちゃいます。

書いて消してみる

notesX書いてみる

標準で付属している「消せるボールペン」は、そんなに良いものでは無いですね。
ただ、紙ではない特殊素材なページは質感が高く、凄く良いです。

notesX文字を消す

付属の消せるボールペンのお尻で擦ってみましたが、消しにくい・・

notesX水で拭く

水を含ませたティッシュペーパーで拭くと簡単に消せました。
紙ではない特殊素材だから成せる技ですね。

notesXボールペンホルダー

ボールペンホルダーはこんな感じになっています。
間を通してペンをホールドします。

notesXゴムバンド

notesXの固定用ゴムバンドです。
何度か使ったら緩くなりそうな感じですね・・・

notesXまとめ

コンセプト重視のノートなので思わず買ってみましたが、思った以上に質感が高く、仕事で使ってみたくなりました。

使い方としては、12ページ(6枚)しかないので書いた内容が大事だったらiPhoneのメモ帳などにスキャンして保存するという方法です。

公式でも紹介されていますが、ページの作りがデジタル保存に適しています。

ネックとしては字を消すときには水が必須なこと。
擦っても消すことは出来ますが、汚くなります。

価格は8,000円弱するので、ノートとしては高額ですが、半永久的に使える事と使ってみたくなる感じがするので私は買ってよかったと思います。

普通の手帳やノートに飽きたという方にはオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる