簡単に出来る風邪予防【効果抜群】

2020 5/21
簡単に出来る風邪予防【効果抜群】

風邪に限らず病にかかった時って、健康って本当に大事だなと改めて思いますよね。「普通」に生活できる事の有り難み・・・でも元気になったら、ついつい忘れてしまい、また無理してしまうんですよねわかります。

僕はサラリーマン且つ夫婦共働きで子育てもあるので、仕事して家では家事手伝い、休日は子供の世話、家事手伝いといった感じで休みが殆ど無い状態。このブログはその合間にコソコソと書いてます(笑)。嫁さんは僕以上に子供の面倒を見ており、もっと大変なので感謝しきれません・・・

どちらかが風邪を引いてダウンなんてしてしまうと一人の負担が更にマシマシになって想像するのも恐ろしく、風邪なんて引きたくないですね。

仕事や楽しい旅行前で絶対に風邪を引けない!といった方も多いと思います。

今回は僕が実践している風邪予防を記事にしています。簡単に出来る事ばかりなので、やってもらえれば風邪予防に必ず効果があります!

目次

簡単にできる風邪予防

  • 手洗い
  • 水分補給
  • マスクをつける
  • 良質な睡眠
  • 栄養をとる

各ポイントを細かく説明致します。

1.手洗い

これが一番大事で、何よりも最優先事項です。なので結構細かく説明します。

風邪を引くには大前提としてウイルスに感染する必要があります。では、ウイルスの感染部位はどこか?それは口や喉です。つまり、口や喉へのウイルス侵入を防ぐ事が出来れば風邪は引かないという事です。

ウイルスはクシャミや咳などによる飛沫感染よりも手指からの接触感染の方が多いと言われています。

何故飛沫感染よりも手指からの感染が多いのか?

自分の顔(目・鼻・口・目)の粘膜を何気なく触るからです。

では手指からの感染に到る経緯を考えてみましょう

風邪を引くと咳やクシャミ、鼻水などの症状がでます。目の前の人が咳やクシャミをして、それが自分の顔に降り掛かるケースってそうは無いですよね?

咳やクシャミした時って反射的に手で口を押さえませんか?

最近では肘で押さえるのが有効だとしています。

そうしてウイルスが手について、その手で家や外で様々な物に触れます。その触れた箇所に健康な人が触れてしまい、その人の手指にウイルスが付着します。そして、その手で自分の鼻や口付近を触ってしまい感染します。

顔を触る行為を減らせば効果は高いですけど、無意識の行動なので、減らしたり無くすなんて難しいです。

だから手洗いが大事なんです。外出から帰ってきた時や家の中でも怪しい所に触ったのなら、こまめにしっかりと手洗いを行いましょう。15秒以上しっかりと石鹸やハンドソープで洗わないとウイルスは除菌出来ないそうなので、出来るだけしっかりと意識して洗いましょう。手のひら、爪先、指の間、しっかりやれば意外に時間が経ってるものです。

洗った後はしっかりと乾いたタオル等で拭き取り乾かすことも重要です。濡れたままだとウイルスが生き続けてしまい洗った意味が無くなります。また、ジェットタオルだけで終わらす人が居ますが、その後もしっかりと拭き取る事をオススメします。

あれで完全に乾かしきるのは難しいですから・・・

2.水分補給

喉は主要な感染ルートです。喉の粘膜には、防衛能力が備わってますが、乾いてしまうと働きが弱くなり感染しやすくなります。

その為、こまめに水分補給をする事で喉の粘膜の防衛能力を高い水準で維持出来るようになります。

3.マスクをつける

マスクをつける事で喉の保湿をして乾かない様にします。これも大事。でも僕は鼻、口を手指からガードする働きの方がもっと大事だと思うんです。

1.手洗いで説明した通り、感染した物に触れた手指で口や鼻を無意識に触って感染するケースが多いからです。無意識の行動を防ぐのは難しい事からマスクで物理的にガードするという事です。

マスクは適宜交換した方が良いです。朝付けて夜まで付けっぱなしは衛生上よろしく無いです。替えるタイミングは昼食の時や長時間マスクを外した時なんかが良いですね。

ちなみにマスクは高性能で無くても良いです。そりゃ良いのに越したこと無いですけど、高いマスクを頻繁に交換出来ます?僕は大事にものを使うので交換できません(笑)。そもそもマスクは保湿と手指の物理ガードが大半の目的ですので。安めのマスクなら心置きなく頻繁に交換も出来ます。

4.良質な睡眠

疲労が溜まってしまうと身体の免疫能力が落ちます。つまり、風邪を引きやすくなります。風邪のウイルスは1~3の方法をしても完全には防げません。体内に入ったウイルスと戦う身体の免疫能力は最後の砦です。ここを疎かにする事はゴールキーパーの居ないサッカーのようなものです。

良質な睡眠を取る事で疲労をしっかりと取り、身体の免疫力を落とさないようにするのは大切な事です。

良い睡眠を取る為には良いベッドが必要です。その為のベッド選びは僕の過去の記事を参考にしてみて下さい。

5.栄養を取る

常日頃より栄養バランスのある食事をとる事で身体の免疫力を上げ、風邪の予防に大きく役立ちます

ここでいう「栄養」とはカロリーの事ではなく、ビタミンとかの栄養素の事です。細かく計算して食べるのは面倒ですよね。僕もそうです。どういう組み合わせがいいのかとかはググれば出てきますが、簡単にいうと油ものだとか肉なんかの偏りある食事ではなく、野菜や果物をバランス良く摂取すれば良いんです

誰しも食事は楽しくとるものだと思います。特定疾患で食事制限のある人は別として、色々細かく計算はしないで食べてます。多少のバランスくらいは計算しますけど。

筋トレの人が食べる食事なんかは、筋肉の為の食事なので楽しくはないそうです。肉体美を追求する為とはいえ、ここまでいくと食事というよりも筋肉への餌という感じです。

最後に

僕も実践してから3年になりますが、寝込むような風邪は引いてません!風邪気味かなと思うことはありますが、元気に過ごしてます。

また、インフルエンザウイルスにはタミフルなどの薬がありますが、風邪を引き起こすウイルスに対する抗ウイルス薬というのはありません

あったら良いのにと思いますが・・・

これには理由があります

風邪を引き起こすウイルスが物凄く多いのと、何もしなくても数日で治ってしまうからなんです。

気をつけなければならないのは、風邪には抗生物質は効きませんので、もし過去に処方された抗生物質が余っていても飲んではいけません。抗生物質は細菌に対して効果があるものでウイルスには意味が無いばかりか副作用で抗生物質の効かない細菌を生み出してしまうなんて事もあるそうです。

逆に風邪だと思ってたら細菌による別の病気で抗生物質が必要なときもあります。

体調が悪く風邪ではないと感じた時は素直に病院に行く方が賢明という事ですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる